ボクの長年連れ添って来たアラヤ工業のマウンテンバイク、マディフォックス(MF26PRO-G)です。
オールクロモリフレーム(TIG溶接)のオールラウンドモデル。
レースからツーリングまでワイドレンジで楽しめます...とは1989-(07-08)カタログより引用

左の画像を見ると解ってもらえると思えますが各部の相当ヤレてます(涙
就職後お小遣いを貯めて買いました。

ボクのカラーはスモークブルーって言う(うっとりする様なパール調の薄紫がパールホワイトのボディ全体にまだらにかかってます)当時は斬新なカラーでしたが今では全体のサビ、ブレーキワイヤーのキンクにアルミパーツの腐食チェーンの伸び・・・塗装の劣化はもちろんですが今となってはレストアのベース車にしかなりゃしね~(笑

当時の価格で96000なり~さ~どう料理してやるかな...

とずっと思いこんでいたのですが、リアディレイラーのシフトワイヤーやリアブレーキワイヤーの取り回し、フレームポンプのブラケットの有無等よくよく調べてみるとMF26PRO-K420S-SKB、フレームサイズ420Sで、SKBは車体のカラーでスモークブルーという事が2016年4月に判明しました。
ARAYA MuddyFox MF26PRO-K 基本諸元表(スペック)
オールドマウンテンバイク(MTB)のレストア
【特徴】
標準現金価格100,000円(消費税別)
クロモリシームレスオーバーサイズチュービング採用
レースからツーリングまでスポーツ性に高いオールラウンドコンペティティヴモデル
コンケーブサイドの超軽量MTBレーシングリムRM-17採用
オフロードでトラクションの高いティンバックⅡを装着
7×3SPEED
XC-COMP仕様
3フレームサイズ:380SS、420S、470HS
フレームカラー:スモークブルー(SK-B)、ニューカスリレッド(NKAR)、ニューカスリブラック(NKAK)

●詳細は以下のURLから確認出来ました。

http://araya-rinkai.jp/wp/wp-content/uploads/2014/04/araya_archive_1990.pdf

●その他のARAYA製バイクのカタログは以下です

http://araya-rinkai.jp/catalog

■□■□■□■□レストア前戯作業■□■□■□■□


NEWARAYAマッディフォックスのフレーム塗装&妄想完結編
リアディレイラーのオーバーホール♪
 □ベアリングボール(鋼球)メンテナンス  
フレーム塗装の迷走剥離♪
□作業№1 自転車(MuddyFox)レストアの前に♪
■作業№2 カンティブレーキのオーバーホール
□作業№3シマノDEOLE♪クランクを外そう
■作業№4カップ&コーンタイプのBB/ボトムルラケットを外そう♪
□作業№5ヘッドパーツを外そう♪


■□■□■□■□更新予定■□■□■□■□


 ハブのオーバーホール♪
ステムのアルマイト剥離♪




プロショップ工具魂TOPへ My FairLady-Z32 (フェアレディZまでの軌跡)TOPへ ボクのデリカスターワゴンへ